読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人・団体の活動を応援

百人一首 奏でる雅楽

f:id:usita2275826:20161217071056j:plain

みやび感じて 東儀秀樹 新春公演 朗読と即興

f:id:usita2275826:20161217074517j:plain

f:id:usita2275826:20161217082526j:plain

f:id:usita2275826:20161217074405j:plain

東儀秀樹 雅楽師
1959年東京に生まれる。 東儀家は、奈良時代から今日まで1300年間雅楽を世襲してきた楽家である。
 父の仕事の関係で幼少期を海外で過ごし、ロック、クラッシック、ジャズ等あらゆるジャンルの音楽を吸収しながら成長した。
高校卒業後、宮内庁楽部に入る。宮内庁楽部在籍中は篳篥(ひちりき)を主に、琵琶、太鼓類、歌、舞、チェロを担当。
 宮中儀式や皇居において行われる雅楽演奏会などに出演するほか、海外での公演にも参加、日本の伝統文化の紹介と国際親善の役割の一翼を担ってきた。
その一方で、ピアノやシンセサイザーとともに雅楽の持ち味を生かした独自の曲の創作にも情熱を傾ける。

1996年デビューアルバム「東儀秀樹」で脚光を浴び、以後次々とアルバムをリリース。
2000年「TOGISM2」で日本レコード大賞企画賞を受賞。
 同年「雅楽」以降8度にわたり、ゴールドディスク大賞 純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞している。

f:id:usita2275826:20161217070153j:plain