読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人・団体の活動を応援

5300年前(日本では縄文)の人にピロリ菌・動脈硬化・関節炎があった。

f:id:usita2275826:20160109073430j:plain

f:id:usita2275826:20160109073459j:plain

死体の解剖分析は極めて貴重な資料を損傷するとして許可されないため実証することが難しかった。

Ai『死亡時画像診断』は遺体にCTやMRIなどの画像診断機器を用いた 新しい死因究明システムが使われた。

Aiは新しい診断分野なので、診断に特殊な専門性が必要となります。

 *日本のAi情報センター

画像診断の専門家でも診断に難渋することも多いため、Ai情報センターにAi読影スペシャリストを結集し、遠隔読影システムで第三者的中立診断を提供することが必要であると考え2009年に死因究明におけるAiを用いた画像診断を行う、第三者的診断機関として設立されました。
インターネットを利用し、画像データを圧縮送信するファイルアップロードシステムを開発し(使用料無料)短時間でのAi報告が可能となっています。また、Aiだけではなく、画像に関する案件は全て対応出来る体制が出来ており生体画像の読影や鑑定にも応じています。
一般財団法人 Ai情報センター

video.search.yahoo.co.jp

video.search.yahoo.co.jp